体の中、疲れていませんか?

昨日は月1回の中医学講座の日でした~

帯広も札幌も雪マークだったのでドキドキ(@_@)

行きはけっこうな降りでしたが、そこは晴れ女の私

何事もなく行って帰ってまいりましたよ~(^^)


中医学は奥が深く「へ~」とか「ほ~」とか思うことがたくさん!

そんな昨日、帰りの移動の中で「あれは、こういうことだったんだ」と思ったことがあります


数年前に、よく体を痛めていた私

「え?なんで?なんで?なんで、こんなことでココが痛くなっちゃうの?」

ということが続いた時があったんです


そこかしこの筋肉が「ちょっと振り返った」「ちょっとモノを持ち上げようとした」だけで数日痛い


そんな大したことしていないのに~(T_T)


「体勢が微妙に悪かった」だけでは片づけられない頻度

「最近疲れている・・・?」

「でも、それだけで、こんなに痛める?」

って感じで段々怖くなってきた私


で、そこで何故か思ったのが

「私、食べ過ぎカモ」

ということだったのです


消去法で考えて、どう~考えても他に思い当たる節があまりない

(特に内臓に不調感がリアルに出ていたわけではないですよ)


最終結論として、食べ過ぎて消化にエネルギー使いすぎて、体にエネルギー回っていないのかも・・・と思ったわけです


「どんだけ食べてたんだよ!」というツッコミはしないで下さいね~


それで、ちょっと食べる量を節制したというか、まぁ、通常に戻したわけです

そうしたら・・・痛めなくなりました Σ(゜ロ゜;)!!


一昔前と違って最近は、体調を崩したとき(風邪など)、栄養をつけようとモリモリ食べる必要はない、と言われていますよね


「内臓を休めて体力回復にエネルギーを回しましょう!」という感じの言葉を、よく耳にしたり目にしたりします


で、中医学の勉強をしていて気が付いたのです

中医学では肌肉(キニクと読み、筋肉のことを指します)は脾胃に属すると言われている!


じゃぁ、消化器官である脾胃が疲れたら、筋肉も疲れちゃうじゃ~ん!!


正しい使い方をしているだけじゃぁダメなのね、体って・・・

って、当たり前のことかもしれないけれど、改めて思った私です


トリートメントをやっていて

「対処療法的に外側からのケアだけじゃダメよね。体の使い方を見なおさなきゃ!」

と思って運動の勉強を始めて、トリートメントから考えると一つ、中側からのケアになるかな~なんて思っていたのですが、中側はやはり中側ですよね (^_^;)


外側が整っても内臓が疲れていたら、意味がない・・・


そんなこんなで、「もっと養生の勉強も深めたい!」と思った私なのでした~

香る癒し処 伽羅

帯広で、タイの伝統療法トークセンや、ピラティス・コアコンディショニングなどのプライベートレッスンを提供している、小さな小さなサロン兼スタジオです 体を気持ちよく、ラクに動かせるようになりたい!体が硬いのがコンプレックスで前屈出来るようになりたいけど、無理なストレッチはイヤ!という方はぜひご相談くださいませ いっしょにストレスフリーな体を目指しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000