動くために力を抜く

水曜日は半年以上ぶりに、ヨガ同好会の練習に参加してきました~


私が実践しているヨガはダンスの振付のように、やることが全て決められているので、順番を覚えてしまったら、どこにいても一人で行うことが出来ます


なので、やろうと思えば自宅でも出来るはずなのですが、フルバージョンを一人で行うというのはなかなか気持ちがついていかないです(~_~;)


体力や筋力が恐ろしく落ちているのが今回「行こう!」と思ったきっかけの一つですが、「筋力体力が落ちているから、丁寧に動かないとケガをする・・・」という思いが頭を一瞬かすめました


で、

「丁寧に動く」ってなに?


以前の私だと、ゆっくりと一つ一つの動きを考えながら動くのが丁寧だと思っていました


間違っていないとは思います


ですが、です

私の場合、ゆっくりと考えながら動き過ぎると・・・力みにつながってしまうパターンがよくあります


そして、その丁寧さが時にねちっこい粘着質な性質のものに変わってしまい、結果、体に負担をかけてしまうことに(T_T)


やり過ぎですね


私はすぐにtoo muchになってしまうので、今回はそこをコントロールすることをテーマに練習に臨んでみました


で、どうするかというと

とにかく巻巻で動く!

ただそれだけ(笑)


巻巻で動いて、自分に力む時間を与えない、的な(笑)


かなりのアップテンポで動いたため、以前の私だったら1時間半かかるフルバージョンの練習が、なんと!1時間で終わっちゃいました~(笑)


でもね、とてもラクでした!


きっと、以前「丁寧に」動いていた時は、呼吸も自分のペースではしていなかったんでしょうね


ちなみに私の実践しているヨガは、呼吸するタイミングも回数もすべて決まっているんですよ!

なのでゆっくりと動くと呼吸もゆっくりに・・・となります



超~巻巻で動いたので、力むスキがない代わりに緩むこともないかな~

そんな風に思っていたのですが、違いました!


今までどんなに頑張っても出来なかったポーズが、なんと今回出来ちゃいました~(≧∇≦)


練習中ちょっと右脚に違和感というか、筋肉がねじれている感触があったので、「こりゃ無理だろうな~」と思って体に逆らわずにポーズを取り始めたら、なんだか脚がススス~と動いてしまって出来ちゃったんですよ!


体に逆らわずに・・・というのが良かったんでしょうね

頑張ってポーズをとってやろう!と思わない


情熱とムキになることは紙一重で違うんですが、そこの違いが難しい・・・


ついつい頑張って行うことが良いことのように思いがちですが、力感で動いてそこに達成感を感じてしまうと、体に負担をかけ、結果的に動きの悪い体作りをしていることってよくあります


この半年間というもの、ストレッチ的なことはほとんどしていません

マスターストレッチくらいでしょうか

それも本当にたまにですし、柔軟性アップのためというよりは、体の動かし方の確認的に行っている感じです


とにかく体を緩やかに動かす

矛盾しているようですが、体を動かしやすくするためには力を抜く

これがまずは大事


そして、自分の体が今、何をどう感じてどの方向にいきたいのか


そこを見つめていくと、無理をせず、でも自然な流れに身を置くことになるので動きやすくなってくるのかな~なんて思った今回の練習でした


おかげさまで筋肉痛も背面が主で、前面にはあまり来ておりません(^_^)v


体力筋力は落ちたけど、体の使い方は良くなっている~♪♬


来週も緩やかに参加出来たらいいな~

そんな風に思っています(*^_^*)

香る癒し処 伽羅

帯広で、タイの伝統療法トークセンやアロマテラピーによるトリートメント、そして、ピラティス・コアコンディショニングなどのプライベートレッスンを提供している、小さな小さなサロン兼スタジオです 体を気持ちよく、ラクに動かせるようになりたい!体が硬いのがコンプレックスで前屈出来るようになりたいけど、無理なストレッチはイヤ!という方はぜひご相談くださいませ いっしょにストレスフリーな体を目指しましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000